霊能者のつぶやきトップ > 霊障

霊障

簡単に幽霊を遠ざける方法!

リクエストの中からひとつ選んでみた(笑)でもすみません、「簡単に幽霊を遠ざける方法」のリクエストでしたが、ひょっとしたら「簡単に」ではないかも。

さらに、「遠ざける方法」のみで「憑いたものを祓う方法」とは少し違いますので誤解のなきようお願いいたしますね~

続きを読む

霊界からみた、夫婦別姓の混乱!

どもども。今日は霊界からみた、夫婦別姓の混乱!と題しまして、なぜ夫婦別姓はいけないのか?・・・ではなく、なぜ夫婦別姓が混乱の原因なのかを簡単にご説明いたします。

「なぜ夫婦別姓が悪いんだ!」って方にたいする答えは持ち合わせておらず・・・籍を入れれば”男性の姓を継ぐ”。もしくは”女性の姓を継ぐ”ことに何のアイデンティティもメリットも感じない方がいらっしゃればどうぞお好きなように・・・・って感じで、考えそのものは否定しません(今のところ法律では認めらておりませんので戸籍上ではどちらかの姓を使わないと”夫婦別姓”はできません)


上記以外で、「男性の姓を継ぐのは嫌だ!」とおっしゃられる方は、単にあなた自身の問題か、ご夫婦の問題だと思いますので籍をいれられる際はきちんと両家で話し合えばすむと思います。そこでまた、「男が~」「女が~」 と持ち出す方もいらっしゃるやも知れませんが、、、、冷たい言い方をすれば、相手の価値や存在を認められない人って、結局は自分自身の存在やら価値を認められていない人だと思うんですよね(汗)・・・・なので、これについては今回はスルーの方向で。

続きを読む

水子は祟るのか?また死産の子の意義について③

つづき。

話がずれているので、これで最後にしてまとめます。

15年近く人の相談にのらせていただき、神様からお言葉をいただく。「言葉をいただく時だけは一切の感情をなくしなさい」と教えられてきましたが、15年でたった2度だけ、言葉をいただきながら涙が自然と流れてきたことがあります。今でもはっきり覚えていますが、一度目は引きこもりの子の魂が親へ想うこと。二度目は今年5月の東京出張の時に、死産された双子の子からそれぞれに両親にたいしてもらった言葉でした。

続きを読む

水子は祟るのか?また死産の子の意義について②

つづき。

前回の記事ではよくいただく質問で、水子さんについて「水子は祟るのか?」「水子は災いを起こすのか?」「水子の想い」について書かせてもらいましたが、この回は「霊能者の子育て通信①」でいただきましたコメントから記事にさせてもらいますね~なんか勉強会みたいなノリになってきましたが(汗)大切な質問だと思いますのでこちらも真剣にお答えしたいなぁ、と。

子供たちは、親を選んで生まれてくる、ということに深く感銘いたしますが、うまれおちてすぐになくなってしまう子どもたちは、いったいなんのために生まれてきたのでしょうか?病気や事故や、はたまた親たちからの虐待などで亡くなる子たち。子どもたちの魂の修行?残された、関係者たちへのなにかの教え?目を覆いたくなることばかりです

続きを読む

水子は祟るのか?また死産の子の意義について①

死産や水子さんについて質問される時、よく「きちんと成仏できてますか?」「ウチは死産だったのですが、その意義や意味はあったのでしょうか?」とのご質問をいただきます。親としては当然の疑問ですよね・・・・・お腹に赤ちゃんが宿り、それが人の形としてたった数か月でも一緒に生活すれば、たとえ死産であっても途中で水子さんとなっても、形は少しちがっても先天性の病気があっても、トーキでもダウン症でも脳性麻痺でも、愛すべき自分の子ということに変わりはありません。愛情を注ぐ対象は同じですし、その子のために母親は命をかけているという事実と覚悟にも違いはなく、いつまで経ってもどのような結果であっても愛し続ける対象なのです。

続きを読む

寝ぼけている時は霊界とつながりやすい?②

続き。

(まぁいいや。すぐ終わるし。暗くても廊下の明かりで何とかなるだろ)

暗いトイレの中で一番の目的を果たし、手を洗ってさてトイレを出ようとしたその瞬間。

「・・・・ごにょごにょごにょ・・・・」

たしかに声が聴こえるんですよ、継続的に。それもトイレの中からだとビビリますが、トイレの「外」、どうやら”廊下”から聴こえてくるんです、オッサンのぼんやりと響く声が。

「あぁそうか。そういえばトイレの横に自動販売機があったよな・・・・」

トイレの横の自動販売機でジュースか何かを買っているオッサン。独り言にしては話が長いので・・・・おそらく二人かな?そこで半分以上、目が覚めていた自分は考えるわけですよ。

「このまま自分が暗いトイレから廊下に出たら、オッサン達はビックリするんじゃなかろうか?」

続きを読む

寝ぼけている時は霊界とつながりやすい?①

寝ぼけている時は霊界と繋がりやすい?意識がもうろうとしている時の方が霊体験が多い・・・??霊能者生活15年、夢を解読してくれとの質問には、「夢は夢ですから気にされないでくださいね~」と流していた自分も(夢でのお知らせも確かにあります。でも、夢をいちいち解読してたら日常生活の弊害が多いですからね・・・次からは夢をみる度に理由を知りたくなってくる・・・)意識が薄れていく時(睡眠に入る時)や目覚めの時(睡眠から出る時)はたしかにあの世と繋がることが多いのかも?ひょっとすると霊界(あの世)とは無意識に人は
近づいているのかも知れません。7月の下旬、そんなことを考えさせるには十分な事件がありました。

今日はそんなお話です。
※若干、怪談話になってるかも知れませんので苦手な方は回れ右!でお願いいたします!お盆だし(笑)

続きを読む

霊能者の葛藤 ④

つづき。

時代は今、ようやく一つの 「スピリチュアルブーム」 というものから一歩出て、自分の感覚では 『一度ブームとして盛り上がって、時間の経過とともにふるいに掛けられた人たちが本当の”神道”、もしくは”古神道”や”神道人” に原点回帰で目覚めはじめた時』 ではないかと、勝手に想像してます。

”信仰と霊能” これがミックスされた状態では、正直いってこちらとしてはお手上げ状態に近いわけですよね・・・・・・「信仰をしたい」「神道をまなびたい」は悪いことでもないし(むしろ良いことと考えてます)それと、「霊能者になりたい」「霊障をなくしたい」、これもわからなくもない。

続きを読む

霊能者の葛藤 ③

つづき。

こうなる結果はなんとなく察しがついておりました(理由はのちほど)その予想の上に、さらに輪をかけて想定外だった事実は、、、、、、Aさんは自分に会うなり開口一番にこういったのです。

「わたしも霊能者になって、いろんな人を助けます。」

(あぁ、自分にはもうダメかも知れん・・・・・・) その時、本気でそう思いました。

続きを読む

霊能者の葛藤 ②

つづき。

一ヶ月もたたない内に再度、ご依頼がありました。「霊障がまだとれていない・・・・・」と。「またかよ・・・・・」とこの時点で自分は肩を落としました。霊障と一言でみなさん片付けますが、そのカラクリとは、ご本人の心の傷やトラウマにぴったりと合った幽霊さんたちがあの手この手で入りこみ、いずれは心と一体化を願って(一体化してコントロールし、生きている間にできなかったことを達成するのが目的)がんばるわけですね・・・・・・・・極論からいえば、治すのは自分自身。その心の形をかえる勇気をいかに与えるか、またどのような形にすれば無理なく変われるのか・・・・・それがポイントの一つです。とり憑かれた人間、またやられた仲間内もたくさんみてまいりました。頼られた人間が悪いわけではなく、、、、、強いていえば、すごく強引だと思われますが、これも 『縁』。自分も程度に差はあれ、にたような経験を幾度としてきたので、自己弁解ではございませんが人間の心とはそれほど複雑なものだと実感してます。

続きを読む

霊能者のつぶやきトップ > 霊障

サイト内検索
RSS

 RSSリーダーで購読する

霊能者のつぶやきモバイル
携帯からもご覧頂けます。
霊能者のつぶやきモバイルQRコード
Tool
フィードメーター - 福岡の霊感占い師のつぶやき|神様・守護霊様からの..

Meta
リンク
クリックで救える命がある。

このページのトップへ