霊能者のつぶやきトップ > 教訓

教訓

イチローの作り方① 劣等と葛藤

え~本来ならば、「弾丸参拝旅行!」をぶっ続きで書く予定でしたが、、、、急に違うことを書きたくなったので、ここで一旦終わりにさせて頂きまして(笑)

今日はですね、「イチローの作り方」と題しまして、色々と勉強させて頂いた内容を忘れない内に書き書き、書き・・・・。

いつもお世話になっている東京のsさん。

この方はある職人の技師から、心理的・合理的観点から人様をサポートする職へシフトされていらっしゃる方で、相談者のお一人なのですが、気づけば自分が相談しているという(苦笑)なんとも懐が深く、包容力もあって頭のすごく良い方なのですね~

続きを読む

選挙と宗教と自分。

皆さん、こんばんは。

さて、今さらですが・・・・日本中、、、、否、世界中を調べても雨後の筍の様に生まれては消えていく『ザ・宗教』。

これはこれで、人間の、根幹の肥やしになる大切なモノだと感じております(´ー`)

さらに言えば、その根幹はつまる所「個人の考え方」や「個人の捉え方」に、あり。

ですが、それが「宗教」となれば『集団』による、『集団の為の』教えがある。

だから。だからこそ!なんですよっ!

・・・・って言っても意味不明ですが、しばらくお付き合いを(^^)

続きを読む

老いて成すべきこと。

ご飯食べたらソファでゴロゴロする、、、、至福の瞬間です(´ー`)

「子どもが真似したらどうするの?!」

との、どこからか聞こえてくるお叱りの声も当然・・・・旨いものをしっかり食べ、甘いモノを食べたらきちんといつも以上に歯を磨き、風呂に入ったらアイスクリームを食べながら・・・・・

・・・・これはさすがに大激怒されました(-_-;) 

いや、大人でも湯船に浸かりながらキンキンに冷えたビール飲んだらめちゃくちゃ美味しいんで、子どもも火照った体にはアイスかなぁ~と・・・・

いや、この話はもう辞めておこう。

若かりし頃の様に、食べる量が減れば(ってか変わってないけど)、消化の速度も変わる。だから、ご飯を食べたらゴロゴロするのは当然っちゃー当然のことだと考えております(´ー`) ゴロゴロしながら、年老いた胃に鞭打ち、消化を促す。

続きを読む

無駄のない生き方とは。

前回の記事で最後に質問させて頂いた、

「あなたが思う、一生を無駄にしない生き方」

ちょっとイジワルな質問というか、これもインスピレーションで皆に訊いてみたいと思って書かせて頂いたんですが、、、、なかなか興味深かったです(´ー`) 

キーワード的にエグイというか、誤解を生みやすい言葉でしたので過敏に反応させてしまった方々には申し訳なかったです。ごめんなさい m(__)m


そして本記事に入る前に、大阪の震災で亡くなられた方に心から哀悼の意を表します。大阪は何度もお世話になった場所なので、縁ある人も多く、心配してます。

続きを読む

便利さと豊かさ。

「も~何べん言えばわかるんですかっ!村雲さん、外に出る時は携帯を持っていってくださいっ!!」

娘であってもおかしくない、年下の女の子に今日も怒られました。

わたし、すぐ忘れるんですよ。

すぐいろいろ忘れるし、すぐ道に迷うし、お腹すいたらアホみたいに食べて、すぐに眠たくなる、、、ってか、それはどうでもいいけど。

家でも職場でも、携帯さんは寂しそうにご主人を大人しく待ってる状態。

触らないと動かないのに、バッテリーだけは常に「100%」とやる気満々、気合い充分の状態。

「いやぁ~昔はさ、携帯?いやいや、ピッチ??いやいや、ポケベル??いやいや、そんなもんもない時代にさぁ~駅には掲示板があって、家ではドキドキしながら相手の家の電話番号を、黒い電話のダイヤルをジーコジーコ、回してさぁ・・・・・・”どうぞ、いきなりお父さんが出ませんように”・・・・って祈りながらさぁ~」

「次は必ず持っていってくださいねっ!!!!」

「・・・・・・えぇ。仰せのままに。」

続きを読む

目指す場所。満足感。ダムの水。

「心にダムがあって、そこが満たされると水が流れる。それがお前さんの心だ。」

ふむふむ、、、どうやら哲学的な話になってきたぞ・・・・。

うんうん、なるほど、さっぱりわからん(・_・)

ある若い日に、師匠から言われた言葉です。

「えーーーっと、、、それは、その~・・・・簡単に言えば、良い心なんですか?悪い心なんですか?」

「そこに良いも悪いもないだろう(笑)それが今のお前さんってだけの話だ。」

・・・・あぁ、なるほど、余計わからん(´ー`)

続きを読む

終わらない放課後。

若者の心が少しでも知りたくて、読んでみました。

「若者離れ 電通が考える未来のためのコミュニケーション術 著者
電通若者研究部」

あ~あいつ、ここに当てはまってる!ぎゃはははは~!

なんて楽しめはしましたが、まぁデータもたくさん載ってて面白い。たぶん、自分にはそのデータがいかせるスキルと目的がないと思うけど(´ー`) ふつうの読みものとして面白かったです。

バブル崩壊後の不況やデフレの社会背景の中。またテクノロジーの進化によって起きた情報革命のなか、今の若い人たちがどういう社会背景で育ってきたか、またその特徴などをデータをもとにまとめられているのですが、、、、、なんとなく”恐怖”として残っているのは・・・・・

「終わらない放課後」

この言葉でした。ね?なんか言葉だけでもゾッとしません?

”終わらない遊園地””終わらない遠足” みたいな(笑) まぁ、楽しければそれもありなんでしょうが、自分の年代にとってみれば ”終わらない” という言葉にこれほど存在感があるとは、、、、、、

だって”始まる”けど、”終わらない”んですよ??なんか怖くありません?

続きを読む

人に”教える”、人を”教育する”

これ今さらですが何が違うかって、書いて字のごとく、

「人に”教える”。さらに”育てる”のが教育」ってことで。これがすっげー難しい・・・・・(-_-)

いろいろ気になるところもあり、とりあえず本を買いました。

『若者に関する本』 『伸ばす本』関係を3冊。

欲しい答えはどこにも書いてないけど、考えるベースには「本」が一番わかりやすい。いつでも、どこでも学べるし!

そして、それを試行錯誤で実行してみて、、、、そこからの問題点へのアドバイスを身内や仲間内に求めてみる。

続きを読む

「鳥の目・虫の目・魚の目」そしてもう一つの目は?

「鳥の目、虫の目、魚の目」 これ、ビジネス関連や経営論、人生の成功論などによく使われる言葉。

大空を舞う「鳥の目」は物事を俯瞰的に。大空を飛び回りながらジャングル全体をマクロな視線でとらえる目。全体を把握する。

地べたをはう「虫の目」は下から見あげて上からだと視えない視界がえられる。現場を直視して、現実を把握する目。ポイントを絞れば、狭く・深く・・・・ミクロ的な意味合いがあります。

「魚の目」は水の流れを読む目。動いていないとおもわれる水の中も、目視できない流れがあります。たとえば、流行り廃りやら、時代の流れやら。

・・・・・とまぁ、ここまでは良く書かれている話なんですが。

ひとつ付け加えるとすれば、『スピリチュアルの目』(笑)

続きを読む

龍神様が守ってくれている。

忙しい中、合間をぬってボチ・ボチ・ボチ・・・・と、人様を拝見させていただいておりますが。

ここしばらくをふりかえってみると、

「わたし、龍神様が守ってくれているんです」
「○○の霊能者にもいわれました」
「なぜか龍神様にご縁があって・・・・・」

という確率が多くなってきた。これ、数年前にくらべて確実に ”多い” です。なんでなんでだろうね・・・・・(-_-) 考えてみたことある人、います?

いくつか個人的に心当たりを考えてみましたが、、、、、

続きを読む

霊能者のつぶやきトップ > 教訓

サイト内検索
RSS

 RSSリーダーで購読する

霊能者のつぶやきモバイル
携帯からもご覧頂けます。
霊能者のつぶやきモバイルQRコード
Tool
フィードメーター - 福岡の霊感占い師のつぶやき|神様・守護霊様からの..

Meta
リンク
クリックで救える命がある。

このページのトップへ