霊能者のつぶやきトップ > 霊能者

霊能者

イチローの作り方② ザ・集中力!

つづき

さて前回に続いて、今回は「集中力」のお話なのですが・・・

まぁ、その前に前回の記事で書いた「劣等と葛藤」について、今まで自分がどう乗り越えてきたか、、、いや、乗り越えられなかった(足りない考え方があった)ので今がある訳なのですが(;´∀`) そこを少し補足しておきます。

自分は今まで、「劣等」「足りない」「補う」という言葉が苦手でした。。。

なので、今までのブログでも書いた通り、

「マイナス考えるよりプラスを考えよう!方式」で人生、歩んでいた状態でした。

続きを読む

いい天気

「いい天気だね・・・」

バイクにまたがりながら、ヘルメットを両手に持って今にも被ろうとしてる瞬間、突然、向こうからのんびりやってくるお爺ちゃんに声を掛けられたのか、お爺ちゃんの単なる独り言だったのか・・・・

「いい天気だね・・・」

その時の福岡の天気は、実は雨が降った後でもございまして、

「いや、そんなに天気は良くない筈だけど・・・・」

と自分はもう一度、空を眺めて出た言葉が、

「気持ち良いですよね~」・・・・この一言。

続きを読む

霊能者の価値観

4~5年前と比べ、「霊能者の価値観」は随分と変わって来ている様な気がしております。

ひょっとして自分だけかなぁ・・・自分が歳を取ったからなのか、時代がそうなりつつあるのか、この辺りは定かではございません。様々な方がより自由に自己を発信できる時代なので、霊能者と呼ばれる人もより自由になったような、、、陰気臭さが抜けて、よりライトな感じ?(^_^;) いろんなタイプの人も増えて来たので、よりコアな感じになったのか??

ひょっとしてコアになった分、表面に現れる事も少なくなり、そう感じているだけなのかも知れませんね~

・・・おそらくどちらも正解かも知れませんが、これは皆さんのご意見をぜひ聞いてみたい(^^)

自分自身も約3年間の社会人生活を経て、以前よりこの世界を客観的にみられるようになってきたのは間違いありません。

師匠の教え、出会って別れるまで一貫して、その根幹は変わらなかったのですが、、、、、

続きを読む

プチ独身時代よ、さようなら。

家に帰っても、お嫁さんは実家に子どもを連れて友人の結婚式に。

「さ~て、何やるかなぁ~・・・・」

なんて、とりあえず帰りに弁当とビール、風呂上がりの酎ハイなんかを買っちゃって、「さて!久々の超独身時代を過ごすか!」なんてシャワーを浴びて、冷たいビールで弁当を流し込み、最近はまっている鶏皮の唐揚げなんかをつつきつつ・・・・

はい、気づけば19時半には寝ておりました(爆)

特にやることもなくてですね、、、、なんか自由だなぁ~あれ?こんなやることなかったっけ??と気づけば職場に携帯電話を忘れている(´д`) 

続きを読む

みんなが恐れる、魔界について。

さて、今晩は「魔界」についてです。

「魔界」と一言でいっても、人によっては捉え方も違いますでしょうし、管理人が最初に触れた魔界は、、、、

「コノウラミハラサデオクベキカ」

の、魔太郎が最初でしょうか・・・・・。

ま、今の若い人なら何のこっちゃか分からない冗談はさておき、「魔界」ならびに「魔界の住人」について、少しお話させて頂きますね(´ー`)

続きを読む

「龍神様が現れた雲の姿です。」「鳳凰が…」

さて、前回の「記事募集!」からの続きとなりますが、、、、すみません。神様へのお訊ねではなく、自分の意見を書かせて頂きますね・・・・書き方が悪かったようで(-_-;)

まずはこれを。

ところ近頃、「龍神様が現れた雲の姿です。」「鳳凰が…」
と言う様な写真や龍神様と繋がるみたいな本をよく見かけるんですが大丈夫なんでしょうか?そんな簡単に龍神様が現れたり繋がれるとか思えないんですが…。

続きを読む

時間というモノの中で。

気づけばブログの更新が1ヵ月以上、止まってました(-_-) 常に発信し続けてきた自分にはビックリな結果ですが、もう一つビックリしたことは、「時間」というモノのスピード。。。。

「アッという間だった」

わけではありません(´ー`) ・・・むしろ体感的には日々、いろんな事が起こってます。

人との摩擦、組織との摩擦、初対面の人との応対から慣れれば慣れるほど、慣れない様にと気をつけている(つもり)の神様との時間。


集中している瞬間の連続のなかで、フト時計をみて 「あぁ、気づけばもうこんな時間かぁ・・・・」 と気づいたような、あの一瞬に似てたりしてます、、、

続きを読む

子育て通信⑩ 個性とDNA

最近、お嫁さんと本買って時間がある時に一緒に読もう!とか考えているんですが。

・・・同時に一抹の不安もあったりしてですね。

「彼女らしく人生を送って欲しい。」

って、まぁこれは相談者の方にもつねづね感じるものなんですが、これがどうも難しい。まず第一に、なにをもって、「その人らしい。」となるのか。

これ、本当にすっげーーーー難しい。

続きを読む

突然の神様からの声②

つづき。

自分は今まで、「人が好き。」と思ってたんですけど、、、、。

だから、一般的に人が言う、「あいつ、めちゃくちゃ憎い!」「大っ嫌いっ!」っていうのが、イマイチわかっていないアンポンタン・・・・というより、自分は神様からの『ギフト』だと思ってた。

苦手は人はいるけど、「人が好き。」っていうのに変わりはなく。

「ぼちゃっ。」と落ちてきた声?想い?感覚??の中身は、もう一丁!

『この世界が好き。』

ってことなんです、、、、、期待してここまで読んでくださった方、申し訳ない(;´∀`)

続きを読む

突然の神様からの声①

ふとした日常の中で、ストンと落ちてくる「神様の言葉」ってものがあってですね(´ー`)

おそらく人によっては、タイミングも、聞き方も、感じ方も、その口調も、声色も、もちろん人それぞれ違うんでしょう。なので、参考にならいと思うんですけど。

もれなく自分のところにも、

「突然、頭の中で響いてきたこの言葉って神様の声なんですか?  
「信じちゃっていいの?」
「管理人はどうやって聞きわけていますか?」
「審神のやり方を教えてください!」 

なんて、もう4~5年前からコンスタントにメールが来ております。

「う~ん、、、、なんて返事をしようか・・・・・・。」

と真剣に考えれば考えるほど、困って固まってしまう自分がいます(;´∀`) 

・・・・んで、時間が経ちすぎて「もう今さら、返事してもなぁ~」なんて歳月の川に流されてしまう。もう、流しちゃうっ!!!

続きを読む

霊能者のつぶやきトップ > 霊能者

サイト内検索
RSS

 RSSリーダーで購読する

霊能者のつぶやきモバイル
携帯からもご覧頂けます。
霊能者のつぶやきモバイルQRコード
Tool
フィードメーター - 福岡の霊感占い師のつぶやき|神様・守護霊様からの..

Meta
リンク
クリックで救える命がある。

このページのトップへ