霊能者のつぶやきトップ > 教訓 | 村雲友人帳 > イチローの作り方① 劣等と葛藤

イチローの作り方① 劣等と葛藤

え~本来ならば、「弾丸参拝旅行!」をぶっ続きで書く予定でしたが、、、、急に違うことを書きたくなったので、ここで一旦終わりにさせて頂きまして(笑)

今日はですね、「イチローの作り方」と題しまして、色々と勉強させて頂いた内容を忘れない内に書き書き、書き・・・・。

いつもお世話になっている東京のsさん。

この方はある職人の技師から、心理的・合理的観点から人様をサポートする職へシフトされていらっしゃる方で、相談者のお一人なのですが、気づけば自分が相談しているという(苦笑)なんとも懐が深く、包容力もあって頭のすごく良い方なのですね~



「は?霊能者が相談ってどういう事??」

と思われるやも知れませんが、、、、

いかんせん、自分は人様の相談に乗らせて頂きつつ、割と身分不相応な社会的信頼のある職につき日々、仕事に追われ・・・家ではゴロゴロと寝転がり、好きあれば子どもと外に冒険に出かけるのを日課にしている霊能者でして。

最近は、もうホント、あれやこれやで四方八方がバラバラ。

ようやく息のつける時間は家族でお風呂に入りにいって、広い風呂で足を伸ばし上がったら蕎麦でビールを飲みつつ、返信していないLINEやメールが気になってしょうがない、、、、これまた、しょうがないオッサン化しております(´д`)


が。しかし。

Sさんのおっしゃる通り、

「村雲は人には教えたり、実行してる筈なのに、自分の事になるとねぇ~(苦笑)」

と呆れられるほど、自分でも呆れるほど最近は何か空回り感覚が大きくてですね (ー ー;)


そんな自分にアドバイスを下さったSさん(最初は自分がアドバイスしてた筈なんだけどっ!)の言葉が、今までにないほど響いて合点が言ったので、ご本人の許可を貰って忘れない内に記事にさせて頂きます。



まぁ、前置きはこれぐらいにして。

「イチローの作り方」のタイトルにしましたが(一番分かりやすかった!)

理解しなくちゃいけないのは、

『劣等』と『葛藤』の違いです。これでここ数年、苦しめられてきました。



まず、『劣等』なのですがこれは生まれてすぐに人間、誰しも持っているもの。

例えば、子どもですが、これは「劣等」の塊。

「やってみたい、覚えたい、教えて欲しい、食べたい(?)」

子どもは後先考えず、やっちゃいます。何でも覚えますし、真似します。いろいろ質問します。何でも口にします(笑)Sさんの言葉を借りれば、

「バッテリーが切れるまで、とことん。」

成功しても失敗しても、おかまいなし(^^;) 

泣きたいから泣く。
笑いたいから笑う。


水準から劣っているから、感情のまま、欲求のままに素直に自分と向き合い(まぁ、子どもの場合、向き合うとかの意識や自覚さえないでしょうが)とにかく前に進む。

足りないから、求めにいく。

『劣等』があるから、成長できる。『劣等』は素晴らしいこと。「コンプレックスは時としてエネルギーの源にもなる」と、これも東京のIさんに教えて貰ったことがありました。


かたや、『葛藤』。

これは人間関係の中で生まれ、人間関係があればそこに発生するもの。

相手があって、相手と比べたり、相手の反応を元に生まれてくるもの。

これも成長と共に増えていきますよね。4才の子どもすら、親の顔色に反応する。

そして、大人になればなる程、人間関係は複雑になり自分自身の『葛藤』も多岐にわたり複雑にもなっていく。


「イチローなんか良い例だよね。彼はマイペースと人から言われ、好きな人がいれば彼を苦手とする人もいるとは思うけど、自分の中で劣等ときちんと向き合い、そしていかにすればその劣等を乗り越えられるかをしっかり考え、それをコツコツと人目や人の評価を気にせず(もしくは意識的に気にしないようにして)実行していく。あのマイペースは、ある意味、人と距離をあけて劣等と向き合う自分を作っているんじゃないかな?結果として。」

「なるほど。。。。」


あの引退会見も食い入るように観ておりましたが。

確かに頭が良く感覚も鋭く、人との距離感が分からない方でもなく、しかし変に人に寄る方でもなくだからと言って、情がない方でもない。


今の自分の現状、、、、否、ここ数年で”自分で築いてきた”現状を考えれば。

トップの気分や機嫌が気になり、複雑でミスの許されない仕事に追われ、失敗すれば人格や存在そのものを否定される言葉の傷を急速に乾かしながら、下の面倒をみつつ助け、助けられ・・・・・


「あれ、、、何でこんなに自分は出来ない人間なんだろ・・・このレベルだったのか。。。。」

自分の理想が高すぎたのか、自信過剰だったのか?

いや~それにしても、まだ自分は出来る人間だったはずなのになぁ、、、、いつの間にか、出来ることが出来なくなって来ておりました。ここ最近は。

5出来たことを、5出来たと喜べない自分。何でここまで来てまだ5なの?と、正直、劣等と葛藤がぐちゃぐちゃに混ざっておりました。

否、正直、夢は夢。やりたい事はやりたい事。日々、方位磁石の性能と正確さを確認しながら、手帳には今年・今月・今週の目標設定を確認していた筈だったんですが・・・・・

ところがどっこい。全く『集中』できていなかった(T-T)


ひとつミスをすれば、上からの圧力。

ふたつミスをすれば、自己嫌悪。

みっつミスをすれば、ストレスの塊。

よっつめでようやく、内容を煮詰めて確認する。

心の燃料を個人で補給しようにも、昔と違ってなかなか時間もとれず会いたい友達とも会えず、好きな音楽やDVDからは距離が空いてしまい、、、、

心の燃料補給のはずの、家族との時間も心の穴を補うので精一杯の時間が長く続いてしまっておりました。今の、今まで。

「自分はこんな大人で、夫で、父親で、良いんだろうか?明日の仕事に漏れはないかな?こんな事している場合じゃないんじゃないか、ひょっとして??」

そう考えると楽しめる筈のものが楽しめず、自由な時間さえ苦痛の時間に変わってましたよ。ここだけの話 (;´Д`)


もちろん、葛藤(人と向き合う、人との関係性)も社会にいれば必要不可欠です。でも間違っちゃいけないことは、人をみすぎず、自分の劣等に正しい方向に、正しいやり方で向き合うこと。劣等を解消する努力を積み重ねること。


「あの時の自分は伸び伸びしてたよなぁ~もっと、こう、自由で可能性に満ちあふれてて・・・・」


考えないように避けていた問題でしたが、時々、ムクムクとかま首をもたげてくるこの感覚。。。。

良かった~自分で自分の首しめて、「よし、もう学ぶことないや!」って勘違いして会社辞めるところやったわっ!!!(爆)


いや、結論から言えば辞めても良いんですよ。家族が路頭に迷わず、飯が食えれば。自分の夢の為に、いつかここを離れる時は必ず来ます。


ただSさんから言われるまで、自分は「辞めどきライン」の設定も葛藤の中で作ろうとしていたし、勝手に自分の中で、堅固で乗り越えられない壁を必死に作っていた自分・・・・

単純なので明日から変わりそう(笑)ってか、今もそうだけど思ってた壁が壁じゃなかった(^^;)


「師にあったら師を殺せ」って、随分と前にIさんに教えて貰った言葉でした。

要は尊敬できる偉大なものの影響力に縛られ過ぎている間は超えることが出来ない。的な禅の言葉だったと思うけど、Sさんにも似たような事言われた(ーー;)


「前から気になっていたけど、村雲が弟子をとらない理由は師匠と自分を比べすぎて”葛藤”があるんじゃないかな?いや、本当に必要なかったら、それはそれで良いんだけど・・・・」

「・・・お、おっしゃる通り。。。。」


なんか色々と腑に落ちた。

ちなみに京都は、晴明神社・清水寺(地主神社)・八坂神社・車折神社に行ってきました!

でも旅日記の記事はここでパスします、、、

明日になったら、いろいろ忘れているだろうから覚えている内にもっと大切なことを再確認したかったので、楽しみにしていた人が居たら申し訳ないけど(居ないと思うけど(笑))次の記事は、今日の話の中で自分が次に大切だと思ったこと、


なぜ人は集中しないのか?


を書かせて貰えればと思います!寝る前にここまで来た自分を褒めて寝よ(´д`)

おやすみなさい~

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログランキングに参加しております。
村雲の自己満足ではありますがモチベーション維持の原動力になってます。

人気ブログランキング 占い・鑑定へ 精神世界ランキング にほんブログ村 その他趣味ブログ 鑑定へ

コメント:3

ことより 19-05-24 (金) 12:22

ドカン!ときました。ズドン!ときました。
今晩ゆっくり、また何度も読み返したいです。自分のモヤモヤが劣等なのか葛藤なのか、まずはそこを正してみたいです!!
先日より訪問しておりますが、なかなか読み進めないボリュームを満喫させていただいております。
またお邪魔させてください♪

せっきー 19-05-25 (土) 12:30

村雲さん
投稿早いですね(*^_^*)ずうずうしく補足させてください!!

補足1 
今の僕がこのようなカウンセリングコーチをしているのは、以前村雲さん(神様)に6感的な右脳を使うより、これからは知識的な左脳を使う方が良いかの~!!と、言われたので僕は素直なのでそうしているだけですよ(*^^)v

補足2
劣等感の正しい向き合い方。自分と向き合う事が一番重要なのですが、占い師とかよく言う「心の声に素直になりなさい」??(村雲さんに言われた事はないです)どうやって聞いたらよいの・・・でしたよ(^_^;)
簡単なん「自分との向き合い方心の声」

どうなりたい(何がしたい)⇒そのために何をしたら良い⇒何ができる(簡単なことから)⇒勇気(行動を起こすため)

言われてみれば大したことなく簡単です!!人はみな(自分も含め)他者と比較してしまい心理的な無意識のブレーキをかけてしまいます。「出来ない、やらない」そのための理由を探します。⇒
自分にとって楽な選択⇒後悔や不満などなど色んな感情の無限ループに繋がります!!
ポイントは他者は関係なく自分自身だけの事をひとまず考えてみましょう(^’^)

次回村雲さんの記事「人はなぜ集中しないのか」にも繋がってゆきますね!!

以上、差し出がましく申し訳ありません(*^_^*)

管理人 19-05-27 (月) 22:06

ことよりさん
こんばんはことよりさん、コメントありがとうございますm(_ _)m お恥ずかしい話、この年になっても同じ所をグルグルグルと、未だ手探りで前のめりで生きています(笑)

せっきーさん
ご本人降臨(笑) 試して記事にさせて貰おうと思ってたんですが、今の感覚を忘れたくないこと、あれからホント!心が面白い感覚なのです!能力が上がったというよりも、無意識に無駄に使ってた力が上手くコントロール出来ている様な(*´ー`*) 次の記事もぜひぜひ補足お願い致します(^^)

コメント
Remember personal info

霊能者のつぶやきトップ > 教訓 | 村雲友人帳 > イチローの作り方① 劣等と葛藤

サイト内検索
RSS

 RSSリーダーで購読する

霊能者のつぶやきモバイル
携帯からもご覧頂けます。
霊能者のつぶやきモバイルQRコード
Tool
フィードメーター - 福岡の霊感占い師のつぶやき|神様・守護霊様からの..

Meta
リンク
クリックで救える命がある。

このページのトップへ