霊能者のつぶやきトップ > 神社 > 伊勢への道のり① 神宮と別宮

伊勢への道のり① 神宮と別宮

  • 2018-04-29 (日) 19:04
  • 神社

こんばんは。とりあえずネタが集まりましたので(笑)

以前からお約束していた、「伊勢の神宮」についてのお話を。

もう、神様好き&神社好きの皆さま方なら言わずと知れた『伊勢の神宮』。これも何度か記事にさせて頂いておりますが、

『伊勢神宮(いせじんぐう)』は、アウト。

正式名称ではございません~(´ー`)

正式名称は、

『神宮(じんぐう)』

倭姫が天照様がご鎮座されるのはこの地と定めて以来、「伊勢神宮」と呼ばれておりますが、これはこの地が「伊勢」だったから。

通称が「伊勢神宮」となります。



ご存知でしたか?

神宮とは本来、125社の社から構成されております。

概要は、以下の通り。


・正宮(しょうぐう) – 皇大神宮 (内宮)と豊受大神宮 (外宮)の2宮。
・別宮(べつぐう) – 「正宮のわけみや」の意味で、神宮の社宮のうち正宮に次いで尊いとされ、正宮に続き20年ごとに式年遷宮が行なわれる。
・摂社(せっしゃ) – 『延喜式神名帳』に記載されている神社(正宮、別宮を除く)。定義では摂社は全て式内社となるが、戦国時代にほぼすべてが廃絶となり、江戸時代の寛永年間(1630年代)から明治初頭(1870年代)にかけて復興されたため、式内社の比定地とされる場合がある。
・末社(まっしゃ) – 『延暦儀式帳』に記載されている神社(正宮、別宮、摂社を除く)。
・所管社(しょかんしゃ) – 正宮・別宮・摂社・末社以外の神社。



すみません、wikiのまる写し!便利な世の中になったもんだ(笑)


さらに細かくわけると、「内宮(ないくう)」の正殿に次ぐ格式を持つ『別宮』は10社。「外宮(げくう)」の別宮は4社となっておりまして。

その中でも、内宮の別宮でもございます、

「伊雑宮」とそこから西に進むと、「瀧原宮」の二社は、歴史的にみて特別な崇敬を集めております。


倭姫の伝説では、、、、あ、先に倭姫を知らない方の為に。


倭姫命(やまとひめのみこと。生薨年不明)は、記紀に伝える古墳時代以前の皇族。第11代垂仁天皇の第4皇女。母は皇后日葉酢媛命。天照大神を磯城の厳橿之本(笠縫神社、檜原神社比定)に神籬を立てて、垂仁天皇25年3月丙申、伊勢の地に祀った(現・伊勢神宮)皇女とされ、これが斎宮の直接の起源であるとも伝えられている。



えぇ、えぇ、これもwiki(倭姫命)の丸写しでございます(*´▽`*)

いや~便利だなぁ~パソコンは。誰がつくったんだろ(笑)



その倭姫が「この場所は天照様を祀るのに、ベスト!!」

と選ばれたのが、この地『瀧原宮』なんですよね~



ようやく目的の場所にたどり着いて、ホッとしたのも束の間。

倭姫にご神託がくだります。

「そこじゃないよぉ~~~もっと日の昇る方へと進むんだよぉ~~~!!」

「・・・・へ??」


さらに歩き、ようやく見つけた場所が今わたしたちが崇拝しております、『伊勢の神宮』となるわけです(´ー`)


ここはたくさんある元伊勢とは違い、今でも『別宮』として扱われております。
(元伊勢とは、倭姫がさんざん歩いて候補地にした場所に建てられた社、もしくは行く先々で三種の神器の一つ、「八咫鏡」を奉じてお祀りをした場所の総称です。生臭い話、これによって現在でも生計を立ててる神社もございますので、真偽は別として)


さて、ホンの一面ですが神宮の成り立ちを理解していただいた所で、別宮の一社でもございます、『瀧原宮(たきはらのみや)』でございますが・・・・・・


その広さも半端じゃない・・・・・

約44ヘクタールほどですが、ちなみに管理人の大好きなディズニーシーが約47ヘクタールなので、シーに匹敵するほどと考えて頂ければ・・・・・(;´∀`)


そして、なによりもその「立地」でございます!


つづく。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログランキングに参加しております。
村雲の自己満足ではありますがモチベーション維持の原動力になってます。

人気ブログランキング 占い・鑑定へ 精神世界ランキング にほんブログ村 その他趣味ブログ 鑑定へ

コメント:2

ディオズ 18-04-30 (月) 21:45

お久しぶりです~、ディオズです!
覚えていらっしゃるでしょうか

hana 18-05-06 (日) 13:26

ご無沙汰致しております。
東京出張鑑定の際に何度かお会いしましたhanaです。
最近、無性に村雲さんにお会いしたくなりましたので
ぜひぜひ、東京出張鑑定をお願い致します。

また、三輪山登拝についてお伺いします。
近々知人と登る約束をしているのですが
あのお山は、登っても良いお山なのでしょうか?
神様に失礼になりませんか?

ご教示頂けましたら幸いです。

コメント
Remember personal info

霊能者のつぶやきトップ > 神社 > 伊勢への道のり① 神宮と別宮

サイト内検索
RSS

 RSSリーダーで購読する

霊能者のつぶやきモバイル
携帯からもご覧頂けます。
霊能者のつぶやきモバイルQRコード
Tool
フィードメーター - 福岡の霊感占い師のつぶやき|神様・守護霊様からの..

Meta
リンク
クリックで救える命がある。

このページのトップへ