霊能者のつぶやきトップ>

福岡の霊能者のつぶやき|本物霊能者の本音

寒いけど、あたたかい日。

お天気が気持ちよく、少し暖かくなったなぁ~と思いきや、今日はまた寒い・・・・・皆さん、風邪に注意してくださいね~こんな感じの気温の上がり下がりが一番風邪ひきやすいですから。

「お前さ、いつになったら俺たち家族を家に招待してくれるとや?お前、周りにちやほやされすぎて ”人を接待する” っていう気持ち、忘れてしまったんやないとや?!」

そんな半分酔いちくれた電話がSからかかってきたのが数日前、、、、急いで嫁と打ち合わせをし、S一家を招いたのが昨日の夜でした。

続きを読む

小渕経済産業相、辞任。について思うこと。

小渕経済産業相、辞任・・・・・え~っと、大臣になってどれぐらいもったっけ・・・??

だから言わんこっちゃない、、、、「仏教の中の葬式と日本の中の男尊女卑①」 の記事にも書かせてもらいましたが、政治を行う「政治家」は政治の能力がある人が成ればいいと思います・・・・・それぞれ長所と短所があるんだからさ。完璧な人間なんて存在しないんだからさ。性別は関係なく、世界の情勢は情勢として無理に数字だけあわせれば良いってもんじゃないのにね・・・・・・・・。

「女性だからダメだ!」ってことはないんですよね。有能な女性だってこの世にはたくさんいらっしゃる。「有能な女性を不当な理由で、不当な扱いをするのはやめよう!」 ってことだけなのに、訳のわからん数字にこだわるから、言わんこっちゃない・・・・・・

まさしく本末転倒ってやつです・・・・・・

続きを読む

「小奇祭」、第二週の報告会~

おはようございます、小奇祭りにご参加の皆さん!第二週はいかがお過ごしでしたか?といっても、来週の一週間でもう終わっちゃいますよ~小奇祭り。まずは二週をすごしてみて、個人的にはいろんな発見がありました!

・・・・・が、その前に今週のご報告から・・・・

続きを読む

二つの歩幅 ③

つづき。

あんまり上手には文章にはできないけれど・・・・・めちゃくちゃ愛し合った者同士が一緒になる、、、、、ってのは本当に素晴らしいことだと思うけど、それを抜きにして「夫婦になる」ってのはもっと輪をかけて素敵なことだと実感しています。まだ早いけど、両親への見方も変わった。

反省したり、泣いたり、一緒に笑ったり、時には傷つけあったり。二人三脚の歩幅は大きくても小さくても良い。とにかく一緒になって後退せずに少しでも前に進むことがまずは良い夫婦になるための、最低限の要素だと思ってます。

続きを読む

二つの歩幅 ②

つづき。

本当はまだまだ紹介したいメールや、自分とのメールのやりとりの中でYさんの本心が綴った素敵な言葉がたくさんあるのですが・・・・・

今回は「良ければあと少しの勇気が欲しい方へのアドバイスと今の気持ちを教えて!」 ってことで返事を書いてくれた文章を掲載してみました。

Yさんはとても素直で気持ちのよい方だし、何よりも正直な方なので今、婚活されている方の少しでも参考になればとお願いしてみました。

(ちなみにウチは一ヵ月半でしたが、Yさん達は一ヵ月で結婚を決めたそうです(笑))

続きを読む

二つの歩幅 ①

「二人三脚」、、、、この言葉を使うのは主に神様やらご先祖様(守護霊様)との話の時が多いですね。二つの違うものが一緒になって歩く。2本づつの足の、互いの足の1本づつを結びあって、3本の足として歩く。自分のとても好きな言葉の一つです。神道でいえば、「共生」 という言葉が一番しっくりくるのかな?

先日はとある会社でお世話になった方の結婚式に行き、今は京都から送ってくださった方のメールを読み直しております。その方は以前、京都で鑑定させていただき神様も 「君はお見合い結婚が向いているよ!」 と太鼓判をおされた方で、婚活をされる中で何度も報告のメールを送ってくださった方です(笑)

その方の許可をいただき、抜粋ですが掲載させていただきます。

続きを読む

今日の日に想ふこと(葦津珍彦(あしずうずひこ)さん)③

つづき。

葦津さんが開催された 「思想研究会(『光栄』研究会)」なるもの。それはまさにアカデミーと呼ぶにふさわしく、それぞれが独自で学び葦津さんの教えをもらいながらもそれぞれが歩いていった「道」・・・・・・・。

渋川さんは謙虚に、こう記してあります。

当時の研究会での講義を振り返ると、本当に「アカデミー」とはこういうものを指すのではないかというような感覚でした。この勉強会を通じて「社会主義というものはどういうものだろうか」ということを考え、「神道人としてどう考え、どう行動すべきか」など、様々な御教示をいただきました。ただ、御教示いただいたと考えていたのは実は私だけで、他の研究会のメンバーは全部自分たちで既に勉強していました。つまり、先生に頼って学ぶ者と自ら学ぶ者との差があったのだろうと思います。ー神社新報より抜粋ー

続きを読む

今日の日に想ふこと(葦津珍彦(あしずうずひこ)さん)②

つづき。

「宗教法人というのだったら教義は必要ではないのか否か」

・・・・・この前に、「“道”と”教”の違い(なぜ今、神道なのか①)」だけでも読んでいただけると解りやすいと思うのですが、、、、、神道にはそもそも、『教祖』 も存在しなければ 『教義』『教典』 も存在しておりません。

このことについて、設立当時の神社庁は二つの案がございました。

『神社教案』 と 『神社連盟案』 です。

続きを読む

今日の日に想ふこと(葦津珍彦(あしずうずひこ)さん)①

10月・11月は全国にあるほとんどの神社は大祭があったり小祭があったりと一年を通し一番忙しい時期、「祭典の多い月」 ではないでしょうか。自分もちょこちょこと知り合いの神社に呼ばれ、合間をぬって神祭りのお手伝いをさせていただいております。

神社の祭典は、88000社が包括されている 『神社庁』 と呼ばれ今は宗教法人になってしまってますが(それまでは国の管轄)、その組織が基となって現在にいたるまで神職の育成から指導。祭典の作法からその心まで管轄しております。管理人も、「産土様は神社庁に聞いてください~」 とよく使わせてもらっておりますが、知らない方も多いのですがこの神社庁、「庁」はついても国の機関ではなくこれは”宗教法人”の名前です。

そしてこの 『神社庁』 という不可思議な組織の創立になくてはならない方だったのが、「葦津珍彦(あしずうずひこ)さん」。今日はこの方のお話を少し。

続きを読む

「小奇祭」、第一週の報告会っ!!

こんにちは、管理人です!!ついにやってきました、「小奇祭報告会」!今日はじめてこのブログを読んでくださった方は意味不明でごめんなさいっ!

「小奇祭」、初の試みでしたが皆さんどんな一週間になりましたか~?充実してたかな?楽しみながらできたかな?それとも初日から忘れて慌てて追いついたかな?(笑)

『どうせ生きるなら、具体的に行動を起こして奇跡をみずから起こす』

これをモットーに始まりました「小奇祭」、まずは管理人の、ここ一週間のご報告を。

『目標』
今以上に健康な体と心を手にいれること!

『何のためか』
健康でいるのは自分のため。そして家族のため。これから縁のある人のため。より精神的に強い自分自身も作れる。より自分が好きになれるから。

『目標のために習慣づけること』
・まずは週に2日、一時間のウォーキング or ジョギング
・もらい煙草をやめて完全に禁煙してみる
・一日の空いた時間にめっちゃきつい腹筋を100回と腕立て200回を毎日やるっ!

続きを読む

霊能者のつぶやきトップ>

サイト内検索
RSS

 RSSリーダーで購読する

霊能者のつぶやきモバイル
携帯からもご覧頂けます。
霊能者のつぶやきモバイルQRコード
Tool
フィードメーター - 福岡の霊感占い師のつぶやき|神様・守護霊様からの..

Meta
リンク
クリックで救える命がある。

このページのトップへ