霊能者のつぶやきトップ > 村雲友人帳

村雲友人帳

福島のM・Aさんへ

3月の下旬にメールを頂き、今さらながらお返事するのは大変申し訳ないのですが、、、、、返事がどうしても返ってきてしまうので、こちらで失礼いたします。
(お返事がこの時期になってしまい申し訳ございません・・・・)

長い文章、何度も読ませていただきました。

あなたの優しさが入り混じった文章、あたたかい気持ちで読ませていただきました。

続きを読む

若き娘のため息(村雲友人帳⑩)

まぁ、簡単にいえば 『同期』 です。同期ですが歳は自分の半分以下。

そんなAさんがつい最近、

「ねぇ、村さん。ちょっと話を聴いてください。」

「いいよ~ひょっとして、あれ?もう仕事に飽きた?辞めちゃう??一緒に辞めようか、そろそろ自分も飽きてきた頃だしさ!( *´艸`)」

「村さんは良いですよね~真剣に働いているかと思えば、なにも考えてないようでいつも幸せそうです、、、、ってか、辞めたら奥さんと子どもはどうなるんですか?(笑)」

「いや、実はね。自分は40歳まで結婚しなかったら20歳の子をお嫁さんにするのが夢だったんだよねぇ~どうする?結婚する?」

「・・・イヤです。」

「だよねぇ~じゃ、来世があったらそこで再検討してもらうってことで。で、どうしたの?」

まぁ、そんな感じで始まった話なんですが・・・・・・・

続きを読む

治世の能臣、乱世の奸雄(村雲友人帳⑨)

治世の能臣、乱世の奸雄・・・・平和な時代だったら優れたよい官僚に。乱れた世であれば悪智恵に長けた、あまり見本にはできない英雄になる・・・・・。

これは三国志演義で人物評価を得意とした許劭が、三国志のなかで一番大きな魏の国をつくった「曹操(そうそう)」をみた時に言い放った言葉です( *´艸`) (それを聞いた曹操は大笑いして喜んだというエピソードまで!)

また三国志演義と三国志正史では正反対の言葉まで存在しております。(治世の奸臣、乱世の英雄とも書かれてます) 

今日は中学からの悪友、5人組のひとり、Mちゃんに事務所開きを頼まれてて朝からがんばってきたんですが、このMちゃんをみるたびにいつも自分はこの曹操のフレーズを思い出します(´ー`)

続きを読む

前世では同じ部隊?(村雲友人帳⑧)

26歳で入社した広告代理店。その時、取引先のデザイン事務所にいたのが同じ歳のUです。なんとなーく、最近会ってないあなぁ~と思い、昨日、仕事帰りに家によってみました。

彼とは出会ってまもなく、同じラグビー経験者ということで意気投合。

そのまま、お互いの家を行き来し、ついでに風呂はいって泊まっていったり・・・・双方、お金がなかったのでご飯にふりかけで晩ご飯を食べ、管理人の苦手なとても辛すぎる「唐辛子のふりかけ」をふりかけては、

「これ、量がなかなか減らないしご飯はたくさん食べられるから便利だよねぇ~」

なんて笑いあったのもいい想い出です。

続きを読む

異才の霊能者(村雲友人帳⑦)

今日は糸島の牡蠣小屋にお嫁さんの友人たちを連れていった後、恩師の粋なはからいで数人の恩師の友人とともに、短大のお祝いをしていただきました。

その中で異才を放つ、弟弟子にあたる5歳年下のT君。

まぁはっきりいえば、彼ほど「歪」な霊能者は存在しません(-_-)

彼は 『博士号』 をもった、研究者としては第一線を走る男であり、また家に帰れば二児のパパ。神様を敬愛し、そして視えない世界を否定する、おそらく管理人の5倍ぐらいはあるであろう、リアリストでありながら・・・・・・数々の神祭においてはここぞという時、必要な言葉を神様からもらいながら、人は視ないという徹底ぶり・・・・・・・まぁ、あまり言いたくはないけれども、あんまり言っちゃうとすぐに調子にのってしまうのはウチの伝統のようなものですが・・・・・ある意味、「本物の霊能者」 かもしれない(-_-) 歪だけど。

続きを読む

東京オリンピックに向けて(村雲友人帳⑥)

「センセ、センセ!」 と冬は着こみすぎて雪だるまのように、夏は汗を拭きつつ、もう福岡では12年お世話になっているTさん。御年68歳になられる、土木や水の設計会社を大人数の従業員をかかえていらっしゃる下町の社長夫人です。

この12年で、ご主人がきてくださったり、息子さんや娘さん。さらにはその子どもたちまでお世話になっている方々。

遊びにきていただく時は、毎回いつも神様へのお酒と ”お客さんに” とコーヒーをもってきてくださる、信仰心も篤く心やさしい方です。

「あの~Tさん、自分は ”先生” と呼ばれるのは苦手なんですよ、、、、、」

「あら、そうでしたわね、センセ。」

いつもこんな感じ。自分が20代のころからお付き合いがあり、上のお嬢さんは自分と同い年なので、管理人もいつまでたっても子ども扱いされております (-_-;)

続きを読む

華佗への道のり(村雲友人帳⑤)

さて、今日ご紹介したいのは30代前半の女性の方。この方とは、3年前の出張鑑定の際、友人と一緒に鑑定をうけてくれてからのお付き合いです。

つい最近は、わざわざ福岡まで来てくれて4回目の鑑定を受けてくださったのですが、実は彼女・・・・・現在は中国(中国地方じゃないよ!中華人民共和国だよ!) にお住いなの方なのですね。

先日も、「明日からまた、中国にもどります~」 なんてね、「明日、映画を観にいくんです~」 ぐらいの感覚でして(+_+)

前回か、前々回かは忘れましたが、「戻るべきか、戻らないべきか」、、、、彼女の目の前に広がった人生の選択肢はいろいろ。

その中で彼女がとった行動はいかに・・・?!

・・・・・なーんてね、「面白おかしく書いてください!」とご依頼があったので、ちょっとイジって書きだしてみましたが、内容に一切のフィクションはありません。おそらく、本人の立場だったらかなり真剣に悩むとおもいますよ、誰しも。

続きを読む

永遠の探求者。(村雲友人帳④)

第四回目をむかえる「村雲友人帳」ですが、今回は初の女性の方です。

そして、、、、初の、”鑑定で縁をいただいた”方かな?

最初、お逢いした印象は・・・・なんというかとにかくマジメな方でして、初めてお逢いしたのは2年前か・・・3年前だったかな? 年は20代の中ごろ・・・・多分。ごめんなさい、鑑定歴はボチボチ長いのですが自分は名前や年齢をおぼえるのが苦手でして・・・・歳はあんまり重要視しておりませんので。ほんと、ごめんなさい(-_-;)

彼女は真面目で、一見大人しそうで根が素直なかたです。

でも、「いつかすべての能力を発揮して、自分らしく全力で生きたい!」との熱い想いが、随所にちりばめられて光っていたので、なんとかできる限りの応援をさせていただければと今でも考えております。

続きを読む

悪友 (村雲友人帳③)

自分の中学からの悪友のひとりに、Rという友達がいる。

なんどか許可をもらって、この友人のことは記事にしたことがあるけれども、、、、まさに絵に書いたような 『九州男児』、中身はかなり繊細だけどむかしからジャイアンのような男です。

つい先日、、、年が明ける前に、「今から会おうぜ!」 といつも通り、突然の連絡あり。

理由もわかりやすい男で、「部屋を片付けてたらさ、昔お前からもらった手紙がでてきて読んでたら涙がでてきてさ!今すぐ会おうぜっ!」 と、たったそれだけ(苦笑)

「感動したから」 と言われて悪い気もせず逢って、モスでコーヒー飲んでたら、いつの間にかすぐに退屈そうな顔をする男、それがR。それでも、あの時の手紙をとってくれていただけでも、実は嬉しかったりする自分。

「今からキャンプいこうぜ!」

と軽いノリで誘われて、いったら最後、本人は1週間分の道具を揃えてて 「お前もここから出勤したらいいやん!」 ・・・・とそれだけ(汗)

今の家庭や仕事の現状を聞かれて、答えたら答えたでいつも自分が説教をされてしまう、中学から何ひとつ変わっていない、繊細な、意外と人見知りな ”ジャイアン” である。

続きを読む

豪快、かつ繊細なラグビーコーチ(村雲友人帳②)

「ベッキーが不倫したってよっ!」

「・・・ふむふむ、、、”ゲスの極み”の”極み”って部分、誰がそう決めたんだろう。。。」

「SMAPが解散するんだって!」

「ほぉ~今年の旧正月は2月8日ですか、、、、、」

なーんて、ちょっぴりを開いた風に物思いにふけってみても、まぁあれですよ、しょせん人間は人間なんですよ。ゲスだろうが聖人だろうが、いろいろありますって生きていれば。下手すれば、ゲスの聖人。聖人のゲス・・・・なんかも存在しているんだろうし。

続きを読む

霊能者のつぶやきトップ > 村雲友人帳

サイト内検索
RSS

 RSSリーダーで購読する

霊能者のつぶやきモバイル
携帯からもご覧頂けます。
霊能者のつぶやきモバイルQRコード
Tool
フィードメーター - 福岡の霊感占い師のつぶやき|神様・守護霊様からの..

Meta
リンク
クリックで救える命がある。

このページのトップへ