霊能者のつぶやきトップ > 神社 > 参拝の旅③ 熱田神宮

参拝の旅③ 熱田神宮

  • 2019-05-17 (金) 13:18
  • 神社

つづき。

さて、強行弾丸参拝ツアーで神宮の次は名古屋へ!

先に書いておくと、一番の心残りは「天寿」「地雷也」の天むすをどちらも食べれなかった事。。。。これだけはね、もう残念で心残りで仕方ありません・・・・・。

んで、日記は気を取り直して!!!『熱田神宮』へ。

実はこの日も、熱田神宮は大祭(準大祭)の日。なんで「準」が付くかと申しますと、大きな祭り前になると少しでも穢れをつけない為、神職さんが前の晩から神社に寝泊りする『参籠(さんろう)』が無いから・・・一応、「準大祭」扱いで。





さすが!!!名古屋一のお宮!!!

その風格といい、佇まいといい、三種の神器である草薙剣(くさなぎのつるぎ)がご神体であることは勿論の事・・・・信長公が奉納したという土塀やら、弘法大師がお手植えしたという大楠まで・・・・・まさに横綱クラス!

神宮と一味違った、ほんと地元に愛されているなぁ感、満載でして(^^)/

来る人を楽しませてくれる賑わいを持った神社です!

ここではコネのコネのコネを使って、初めからじっくりと観たい場所をピックアップ。大祭前にも関わらず、さりげなく案内や説明までして貰いつつ、、、、


大きな社になったら神社庁に関わりも深く、普通宮司さん(神社のトップ)ともなれば、神社庁の息のかかった宮司さんが多い中で、この熱田神宮はちょっと特別で代々の宮司さんは「出仕からの叩き上げ」が多いことで有名です(´ー`)

その中でも、前宮司の小串(おぐし)和夫宮司は珍しく外からいらっしゃった宮司さんであり、東京の乃木神社・三重の多度神社の宮司の経歴を持たれた方です。


鎮守の杜を切り拓いて「車祓い所、車祓い専用受付」をつくり。
(初め見た時は、大駐車場かと思いました・・・(-_-;))

参拝者の多い日は、棚の移動で社務所を拡大したり・・・・



神楽殿でさえ、床が前に倒れてきて授与所になるという優れもの!



・・・まるで映画のトランスフォーマーみたいな!

こんな祈願所で祝詞を挙げてみたい・・・・



いちいち、木がデカイ!!

(思い切った金の使い方してるなぁ~金、持ってるんやろうなぁ・・・)

 ↑
心の声


すべてを含めて、小串元宮司さんは神社界に一石を投じた『革命児』と言っても過言ではないと、管理人は考えております、はい(´ー`)

東京の方は一度、乃木神社へも足をお運びくださいね。

あの宙に浮いてる結婚式場を作られたのも小串さんです(´ー`)


お守りもやっぱり凄いです!

神社の楽しみでその場の雰囲気を味わう、心で感じる、は勿論のこと、この「お守り・おみくじ」もバカにできない。その神社を表す、素敵なアイテムなんです!!!

※興奮してお金使いすぎましたが(汗)


そして・・・その中でも管理人の目を一番ひいたのが・・・・





噂に聞いてた熱田神宮の『参進(さんしん)』。

一糸乱れぬ参進に心を奪われちゃったりするんです|д゚)

自分が名古屋に住んでたら、お祭り度に参進観に行きますわ・・・・


んで、熱田神宮を満喫したところで次は京都に移動っ!!!


つづく。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログランキングに参加しております。
村雲の自己満足ではありますがモチベーション維持の原動力になってます。

人気ブログランキング 占い・鑑定へ 精神世界ランキング にほんブログ村 その他趣味ブログ 鑑定へ

コメント:2

金シャチ 19-05-23 (木) 20:54

今晩は

天むすを食べなかったんですか?
まぁ残念ですね~
名駅の辺りや栄のデパートや地下街でもあったでしょうに・・・
まぁ次回のお楽しみッテ事で・・・

熱田さんで気になる神事があるんですよ
『オホホの神事』夜暗くなってから神職の方々が何処かへ集まって暗~い中で喜びをかみしめて、『おっほっほぉ~』と笑う
朝廷から「雨の村雲の剣が戻されたのを大喜びする訳にはいかず、でも嬉しくて笑っちゃう・・・とか、正式には何と云うか知りませんが、何か気になる神事です・・・

金シャチ 19-06-02 (日) 11:49

こんにちは!

訂正します

雨の村雲の剣➡草薙剣でした。
失礼しました。

コメント
Remember personal info

霊能者のつぶやきトップ > 神社 > 参拝の旅③ 熱田神宮

サイト内検索
RSS

 RSSリーダーで購読する

霊能者のつぶやきモバイル
携帯からもご覧頂けます。
霊能者のつぶやきモバイルQRコード
Tool
フィードメーター - 福岡の霊感占い師のつぶやき|神様・守護霊様からの..

Meta
リンク
クリックで救える命がある。

このページのトップへ