霊能者のつぶやきトップ > 神様 > 最高の神社(出雲編②)

最高の神社(出雲編②)

  • 2019-03-05 (火) 12:07
  • 神様

つづき。


大国主様からのお言葉

天地広く開け、天駆ける鳳のゆきかいに、ぬしらが出雲の地に足を踏み入れ日々の行いの中に心の洗濯とでも申せば良いかの、まぁ挨拶に立ち寄りくれたことは感謝じゃの。日々に足元みつめ歩く人生も、心の中に大鳥羽ばたかせ歩む人生もそれぞれ思いも違いもあるじゃろうがさて己が1人の人間として素の心に戻りた時にさてどこに向こうてどのような道すじ辿るのかはぬしらの自由じゃろう。



考えてみればぬしと出会うて人の年で20年近くの歳月が過ぎ、ぬしは時間として区切り感傷に浸るのは好きな男じゃがわしらは好まぬ。時として一瞬であってもそれは永遠として残る、記憶にも記録にも新しき道となって、振り返ればそれが続いておるだけの話での。遠く夢見た日の本の国、わしらが目指した国になっておるかと申せばそうではないが、それも数え切れぬ神や人との交わりの中、たった一瞬の歳月の重ねが今のぬし、今の国をつくっている事思えばの。さて、あまり難しい考えはいらぬ、いかに今の世であってその一瞬一瞬を重ねきったかという事にもなろう。わしが国造りをはじめたいと心に誓ったときも、鳥が鳴く一瞬の出来事じゃった。

わしも交わりあったぬしが師と呼んでおる○○殿もの、マメな男でもあってその一瞬一瞬を刻に積み重ね、そしてその価値を十二分に知っておった男と申しておこうか。助けもされたし、助けもしたの。

今、燃えるものは何かの。ぬしのすました顔の奥にある熱い心を表にだす力は。本気で死ぬほど考えられるものは。ぬしがの、この旅に来た一番の理由は、己に自信がなくなったのじゃろう、どうかの、ははははっ。昔の足跡たどり、師の影を追いながらあの時の感覚にもう一度触れたい、それがぬしも気づかぬ本心ではないかの。

言うてはおくが、熱い心は失うてはおらぬ。皆々そうじゃが、心に想うことはそう忘れはせぬ。しかし、湧き出る、湧き出す出口の、ほんの取り手を誤れば、こうして迷い子として一生を終える。何も旅が悪いとも思わぬし、忙しき中にもわしを忘れず挨拶に来てくれただけでもわしも懐かしく、あの時の雛が家族もち、一人前の顔して手をあわせる姿をみれば、もうそんな時かといつぞやの祭ごとでは世話になったと改めて感じることもある。

線と線を繋ぐとは、今はぬしの十八番じゃが。さてそう偉そうに人様に申しておる本人の心はどうかの。一番信じねばならぬ己の心に疑いもって、その小さくとも輝きある出口を塞いでおるのはどこの誰かの。いらぬ説教垂れるつもりはないが、先に寄った美保の事代主大神から話を聞いての。わしのところは良い、なぜぬしはさんざん世話になった大神に久しぶりに酒の一本でもという心がないのかの。そこがまだわしらが大人としてぬしをみれぬ理由の一つじゃ。人も神もそうじゃが、昔よりかわいがった子が偉そうに新しき一族を連れ敷居を跨いでも、歳をとった者としては嫌顔する年寄り1人もおるまい。

事代主殿は直接は申すまいで、わしの言葉を聴き、その言葉を世界に広げるとあればわしもこの機に言いたいことを存分言わせて貰おうかの、はははははっ。

甘えじゃの。まだまだ甘えておる。甘やかす立場の者が甘えておっての、なにか一つの大きな勘違いがぬしの心を曇らせておる。たった一瞬に命も賭けれず、いえば、ひとり部屋に入れば内から己で鍵を掛け、背を押す誰かを何かを待っておる。青年ならまだまだ可愛げもあろうが、男も40を過ぎればその悩みそのものも甘えじゃろうての、ははははははっ。

ぬしの尊敬しておる師、まぁ存分に甘えさせて下さる対象でもあった師じゃが、○○殿もこれが育てた弟子かとため息しかついておらぬでの、はははははははっ。

日御碕でもそうじゃったの。天照殿には甘えられても、神の宮には寄りつく気配もなかったの。己の直勘と申してつまる所、スサノオ殿に向き合うのが恐ろしくもあり無意識に避けたのじゃろう。わしとしてはあの大神の一喝でもあれば、このような嫌ごと言わずわしと逢えたものをと期待しておったのじゃが。

わしの剣や鎧兜はまだぬしに貸したままじゃよ。貸した以上はぬしを信じて貸しておる。正しき方を向き、正しき使い方をする男と、○○殿の頼みもあって見込んで貸しておる。良くも悪くもぬしは1人ではなく、今まで出逢うた方々の心で今があり、その心で明日の一歩を踏み出しておる。寂しさと甘えで勝手に1人になって貰うてはわしらも困る。あまり言いとうはないが、その一歩を信じておるだけの話、後悔はないがわしの貸したものはただの飾りではないぞ、ゆめゆめ忘れるでなき事じゃよ。

                                 大国主




人の孤独とは一体、なんなのでしょうか。つまる所、己1人であると思い込むのか、周りに目を凝らし己は1人で生きてきた訳ではないと本気で気づく為の時間なのでしょうか。ならば孤独も、生涯の時の中で必要な時間なのでしょう。

人はよく忘れる生き物です。一日の中で潮の満ち引きは変わり、表面にある感情と呼ばれる大波小波の中で、決して忘れず想い続けるもの、それを信念と呼んでおるのでしょう。

人に信念があり、海の底深くを信念と呼ぶなのなら、信念もまた目にはみえず底のなきもの。なので人は代わりに空を見上げるのです。果てなきものに己の心を映し、雲の上、先にあるものを求めようとする。

人が今の己を忘れることは決して悪いことだとわたしは思いませぬ。忘れてならぬことは、己は波の上に浮かぶ一艘の舟であること。そして、舟も波も海の底深くも高き大空も含めて、すべては己であるということ。

精進なさいませ。この言の葉たちがただの記録とならぬよう、祈っております。

                                須勢理姫




あなたは1人で生きているのでしょうか。洗濯し飯を作って下さる人が側にいて、かわゆき御子が居て、なおもそう欲を深くして悩んだふりをして動かないのか、わたしには解りかねます。わたしは、あなたの魂の側に、生まれるずっと前から居たので遠慮はありません。本当の恩返しとは何なのか、今一度己の心に問いなさい。そして、今、気づきなさい。

両親がまだこの世に居て下さり、嫁御も子どもも居て、職も与え喰うにも着るにも困らず。一体、何の不服があるのか。

今、目ざめぬと随分と遅れが来ますので、心を鬼にして申し上げます。

一体、いつまで甘えているのでしょうか。

それをあれこれと考え込んでは、次はこれが手に入れば、ここまで自分がいけばとケッタイなことばかり頭に想い浮かべて・・・それで本当に満足する人生が得られますか?それがあなたが今まで生きてきた意味なのですか?

だとしたら、それは間違っております。今すぐ、ここで正しなさい。

願うものは与えられたもの。いずれも目に視えぬ神や仏、人の心によってです。あなたが欲しているのは、自分の為だけでしょう。

家族の為に家が欲しい。子どもの為に兄弟が欲しい。仲間の為に集まる場所が欲しい。全部、あなたが求めているものでははいですか。人の名を使って。

これさえ得れば次に進めると、これではいつまで経っても手には入りませんよ。入っても、次の欲が湧くだけの話、すべては真っすぐ進めない自分への言い訳に聞こえてしまいます。

与えられたものはいずれお返ししなくてはなりません。

親にも人にも、神にも先祖にも、恥ずかしくない人生を送りたければ何の為に生まれ、どこに向かって生きるのか、真剣に己の心に問うべきです。

生きる為に考えることは必要です。しかし、生きる為だけに考えていれば、何の為に生きているのかが分からなくなるのは自然の摂理。

手段や方法だけに長け、目的を失うのは当たり前の話ではないでしょうか。

ついつい口を挟んでしまいましたが、あなたがあなたらしく生きる為にずっと見守り導いてきた私どもを横に置いて、旅先での大神様方々のお言葉を鼻を高くして少しでも人様の為にと世界に流すのも文句は言いますまい。

ただし、私どもとの語らいなくして今のあなたはあなたらしくというほど、残念ながら立派には育っておりません。現に感謝の真の意味すら、忘れかけておられるではありませんか。

神々の言葉を、私の想いを一言一句漏らさず伝えなさい。それで少しは私の溜飲も下りますので。

                                びさい天



あ~ぁ、やっちゃいました。

神様に申し訳ないですし、周りの方々や、ただの旅行記の読みものとして読んで下さっている方々にも申し訳ない・・・・ただの未熟な四十路男への説教を、全世界に垂れ流してしまった。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
ブログランキングに参加しております。
村雲の自己満足ではありますがモチベーション維持の原動力になってます。

人気ブログランキング 占い・鑑定へ 精神世界ランキング にほんブログ村 その他趣味ブログ 鑑定へ

コメント:13

ちゅみ 19-03-05 (火) 17:13

村雲さん、こんにちは!
むふふ・・めっちゃ叱られてる(^.^)
でもよくよく読んでみると、村雲さんだけではなく夫々が言われて当てはまる様な。読んでいて段々小さくなってしまいました(^^;
私 人様をうらやむ事はしないのですが、だって私が見た、感じた、それはその人の今一瞬であり、それまでの人生は心模様は分からないから、その一瞬で簡単に羨ましいなんて失礼だと思うからです。
ただ、今日は村雲さんがちょっとだけ羨ましいです。
神様にちゃんと叱っていただけるなんて・・ぜいたくぅ〜!
あ!ちょっと待って!う〜〜ん・・言葉として受け取る事は出来ないけれど、ふと「それっとどうよ?」と自己を見直す瞬間!あれは見守って下さる神様や守護霊様の問い掛け?なのかも、ですね(*^^*)

世界が何次元迄有るのかは知りませんが( ̄∀ ̄)その中で私達の魂に、命と身体を神様から貸与されて生かされている一瞬の間にどれだけの何が、出来るのでしょうか?社会的に選ばれた人ならばともかく、私の様に小さい狭い世界で。命を受け継ぐ子孫も残せなかった人生で。
それでも関わって下さる方々との出逢いで生まれた信頼に応えるべく、今 私に出来る事を精一杯やるしかない。それが誰かにとって取るに足らない作業であったとしても。

煌瀧 19-03-05 (火) 22:13

はははっ、
そんだけ期待されてんだよ。雲さんは、やれば出来る子でしょと(笑)
と今年50になる駄目人間が言ってみる(笑)

金シャチ 19-03-05 (火) 23:53

今晩は!

そろそろ出雲旅行記 第二弾がアップされているかと覗いたら
『見てはいけない物を見てしまった』感 満載ですが

『私の想いを一言一句漏らさず伝えなさい。』とのお言葉
厳しいですね~
しかしながら
大国主命様 須勢理姫様 びざい天様 過去のブログ記事にも
度々お出ましになられた神々様が 
これほど迄お怒りになるとは・・・

村雲さんって神々様からどれだけ愛されているのでしょう?
この深い愛情にビックリ!ですよ!!

そして、『出雲に行きたい!』と云われた奥様は神々様より
命を受けて旦那様を引っ張って行かれたッテ事ですね~

神魂神社、日御碕神社の話題を楽しみにしておりましたが・・・

私も自身の事を省みる必要がありそうです、
様々なものを与えて頂きながらも足りる喜びを忘れておりました。

mio 19-03-06 (水) 12:12

お久しぶりです。
神様からのお言葉載せて頂きありがとうございます。
きっと勇気がいりましたよね…
自分に置き換えて読ませて頂くと、身の引き締まる思いです。
そして、やっぱり厳しいお言葉も含めて神様ってあたたかいなぁと思いました。

みやパパ 19-03-07 (木) 3:49

村雲さん、ご無沙汰してます。

私も楽しい旅行記のつもりで続きを読んでみたら、かなり厳しいお言葉を頂いてきたのですね。
びさい天様のお言葉通りに、記事にして下さった事に感謝致します。
我が身に置き換えて考えてみると、何と重いお言葉かと。同じ、いやもう少し上の、40代後半の私ですが、答えが全然出てきませんでした。

仕事や家事などに忙殺され、なかなか自分を内省する時間を作れないのですが…って言ってる事がすでに甘えなんですよね(笑)

何と言ったらいいのか…とりあえず、神様からのお言葉を読み返して、自分の思う所をいろいろ考えてみます。
まとまりのない文章で失礼しました。

19-03-07 (木) 13:13

掲載にあたり、葛藤はあったかと思いますが、こうして読んでいて、人に向けた言葉ではあると解っていながら、重なる所や感じ入る所もあり、深く己が身を考え振り返る、良い機会となったので、そういった立場として、やや神様方の言葉に流れるようにも取れる場面ではありますが、ありがとうございます。

人に対する甘え…というか、好意への期待を、如何に受け取ろうとするのか、受け取った事をどう表明するのか、しないのか。
そしてどう返すのか。

自分の事はさて置き、村雲さんご自身の掲載が、神々様方への意思表示になる…なっていればいいかもしれないなあと、思ったりしました(苦笑)

祈りという形あればこその、これらのお言葉だったのかもしれませんが、的外れでなければ、何だかんだ神々様から、暖かく背中を押されてますよね。
適切な表現ではないかもしれませんが、なんだか微笑ましくて、その人間味溢れるというのか、暖かい波がこちらにまで来たような気にもなりまして。

まあ、年端も行かない自分がどの口で偉そうに、とは思いますが、無礼を承知で…、人間なんていつまでも未熟なもんでしょうよ。
だからこそ故に、果てない空に、己の一面を映し見る、見る事が出来るというのも解る気がします。また、ふと現実を振り返れば、満足なんてものは一瞬で去っていきますしなあ。

経験の数や経た年月も大事とは言えど、それらを大事足らしめるものは中身、「何を得るか」、そして「どう活かすか」かと思いますし、それらが自分らしさともなって行く、なっているのかな、と考えてみたり。
自分の現状の立場から、周りとの変化の差や、その中でも得てきたものはあったと、皮肉にも気づいた結果ではありますがね。

あまり関係はないかもしれませんが、人の体調、気分には腸内環境や自律神経系のバランスなども関わっているとかなんとか。

…歯すら碌に磨かない自分が言えた事ではないですし、お節介かもしれませんけれど、不摂生には気をつけて下さいよー。

具体的には、ネットや医療機関で調べてくださった方が明確なのかとは思いますが、三食食べるとか、食物繊維の摂取が疎かになっていないかとか。
義務的に、ではなく、自分の為というのか、自身の好きなように身体を動かす、運動するとか。

自分の私生活が悪いからですかね、何がいいのか手の向く範囲で試してみたりしてて、確実には解りませんが、それらなんかが大事そうな気がして来てるんですよね。
思えば、心労、精神的ストレスから抑鬱診断を喰らった身でもあるので、体からの支えを探していたのかもしれません。

まあ、そんな自分語りはどうでもよくて、もし気が向けば、参考程度になれれば幸いです。

…あと、ついでですが、感謝の真の意味というのが、自分の内で明確な形になっていないので、…というか、ありのままを言葉にして伝えるというのも難しいのかもしれませんが、都合が宜しければ、コメントや記事などで教えて頂けると嬉しいです。

たまねぎ 19-03-07 (木) 17:28

神様たちの村雲さんへの言葉、一語一句逃さず読みました。
私からも周囲に拡散したほうがいいのかな。。m(__)m

Hatadesu 19-03-08 (金) 0:08

大好きな出雲大社のお話から村雲さんへの神様からの熱いメッセージ…(^-^;
読み進めるうちに自分にも当てはまる箇所もあり
読み終える頃には神さまごめんなさい…(´༎ຶོρ༎ຶོ`)って私も
思っちゃいました。
……村雲さんなんか良く分からないけどなんせお互い頑張りましょうね〜ヽ(;▽;)ノ

もも 19-03-08 (金) 14:40

お久しぶりです。村雲さん めっちゃ怒られてますやん…だけど読んでたら それだけ神様が目をかけてくれてるのよう分かります。ほんまに村雲さんに興味なかったら 神様なんも話せんと 気配消してはよ帰ってくれへんかな~みたいな態度や思うし(笑) どこに向かって生きてるか。ひと事ちがうな…思いながら訪問の移動中バイク乗りながら私も真剣に考えてる最中です。

パイ生地 19-03-09 (土) 23:12

こんばんは

私も 読んでて小さくなっていきました
しっかり読みました
村雲さん 頑張って下さい

しまけん 19-03-10 (日) 11:05

自分に当てはまるところが多々というか殆どで、ちょっとブルーです。
正直腹立つ部分もあるけど、でもぐっさりと刺さりすぎてぐうの音も出ないw
心の中で舌打ちしつつ、頭の中で色々考えても結局は掌の上で転がされるだけで・・
そんなんどうしろとw
私だったら美味いもん食ってぐっすり寝ますねー。

鹿出 19-03-13 (水) 2:19

こんばんは^_^
この記事がアップされて
まだ、どなたもコメントされていなくて、すぐに、慰めてあげなくては!私が!
と、思いつつ日常にのまれて今日になりましたが、なんという事でしょう!!

こんなにも、たくさんの人に愛されて♡

僕のした単純作業が この世界を回り回って まだ出会った事もない人の 笑い声を作っていく…

Mr.Childrenの彩り と 村雲さん(*^▽^*) いいなぁ

ばんび 19-03-18 (月) 4:05

初めてコメントします。
5年前に、鑑定でお世話になり、その後もブログを拝見させて頂いております。
今回の記事は、自分に言われているかのようで、胸にグサグサと刺さりました。
特に最後のびさい天様のお言葉、私にとっては
とても厳しく(村雲さんへの言葉だとは分かっているのですが)、子供のように泣いてしまいました。
ただ、この頃、無理をし過ぎて体調も崩し、泣くこともできなくなっていたので、泣けて良かったかもと。
今回のお言葉を載せて下さった村雲さんに感謝です。
神々様のお言葉を、己の身にも置き換え、自分の目的に向かって勇気を持って、一歩踏み出せるようになりたいと思います。

コメント
Remember personal info

霊能者のつぶやきトップ > 神様 > 最高の神社(出雲編②)

サイト内検索
RSS

 RSSリーダーで購読する

霊能者のつぶやきモバイル
携帯からもご覧頂けます。
霊能者のつぶやきモバイルQRコード
Tool
フィードメーター - 福岡の霊感占い師のつぶやき|神様・守護霊様からの..

Meta
リンク
クリックで救える命がある。

このページのトップへ